本文へジャンプ

高松テルサ

Daily Archives: 2019年3月30日



閉館まで残り1日・・・

2019年3月30日

ブログをご覧の皆様 こんにちは。

ついに・・・高松テルサ 閉館まで残り1日となりました。

明日14時からの立川志らく落語公演チケットは完売しておりま
すが、10時からのホールホワイエでのメモリアル展示、
ホールにて16時半からの閉館セレモニーは入場無料でございます。
皆様のお越しをスタッフ一同お待ちいたしております。

さて今日は 熟々と書き連ねようと思います。
少し長めのブログになりますが、
最後までお付き合いくださいませ。

皆様は「転がる石に苔むさず」(苔は生えぬとか苔付かずとも
言いますね)ということわざをご存知でしょうか。

イギリスのことわざだそうですが、
転っている石には良い苔が生えない=
職業や居住地を転々としている人はあまり信用できない⇒
辛抱できない人は成功しないという意味を持つそうです。
日本のことわざで言うなら「石の上にも三年」や
「継続は力なり」といったところでしょうか。
何事も辛抱して続けることが美徳という考え方ですね。
日本も終身雇用が当たり前だった時代には、この考え方が
主流だったようです。

ところが、アメリカでは 苔に対してあまり良い印象を持たない
ようで、じっとしていると苔が生えてしまう=ひとつの
ところに留まっているのは良くない⇒積極的に活動していないと
ダメになってしまうと解釈されるそうです。
「流れる水は腐らない」ということですね。
常に転がる・流れるように積極的に活動することが、
キャリアを積み重ねて大きな成功に繋がるという考え方のようです。

さて、皆様はどのように解釈なさいますか?

私は 継続の大切さを感じつつも どちらかと言えば
アメリカよりの考え方なのですが、これはどちらの解釈をしても
間違いではないと思います。

人生は山あり谷あり・・・
もし今後 人生の岐路に立ち、たくさん悩み・大いに迷い・
不安で押しつぶされそうになった時に、
先ほどのことわざを思い出してみてはいかがでしょうか。

「転がる石に苔むさず」

何事も考え方次第・・・
ご自身が信じる方に向けばいいのだと思います。
吉とでるか否かは そこからの努力次第だと私は思っています。

人生 一度きり!

皆様の人生が 充実したものでありますよう
願っております。

高松テルサは明日で閉館いたしますが、
また いつかどこかでお目にかかれることを
楽しみにいたしております。

長文にお付き合いいただきまして
ありがとうございました。 nao